様々なコンプレックスをプチ整形で解消できる

薬と医師は拘って選ぼう

注射器 体へ注入する薬だけにボトックスは安全性が高い上質な製品を選び、治療先には数多く施術をこなし、技術向上にも余念がない医師や医院をお選びください。日本の政府が承認しているボトックスは、注射しても周囲へ拡散しにくいのが豆知識になります。

詳しく見る

注意点とは

カウンセリング ボトックスで気をつけることは特にありません。しいていえば体調を整えておくことです。体調不良の時にこの施術を受けてしまうと副作用が起こりやすくなります。万全な状態で臨みましょう。仕組みについても把握しておきましょう。

詳しく見る

治療の特徴を理解する

口元 ボトックスは様々な美容の悩みに対応できる治療として人気です。治療を行う前にはクリニックの評判や実績を良く調べること、ボトックスの効果や治療方法も理解しておくことが大事です。まずはカウンセリングとなりますので、予約を行っておきましょう。

詳しく見る

治療目的や効果とは

女性 ボトックスは初心者が手を出しやすい美容整形のひとつです。身体にかかる負担も少なく簡単に施術が完了しますので多くの人が利用している整形方法と言って良いでしょう。注入箇所によって得られる効果が変わってきます。

詳しく見る

幅広い効果が見込める

医者と看護師

シワ解消から小顔まで手に入れられる

美容外科クリニックで行う整形といえばメスを使う手術というイメージがありますが、最近はより手軽に受けられるプチ整形も種類が増えています。プチ整形の良さはやはりメスを使わずに容姿のコンプレックスを改善できるという点で、今まで美容整形を受けたことが無いという人でもチャレンジしやすいとして人気です。種類が増えているプチ整形ですが、その中でも女性だけでなく男性の患者さんも増えている「ボトックス注射」は、高い注目を集めています。ボトックス注射はボツリヌス製剤という、筋肉の動きを抑える作用のある薬剤を筋肉部分へと注入するプチ整形です。筋肉の動きを制限させることで様々な効果を発揮し、容姿の悩み・コンプレックスを軽減できるようになっています。ボックス注射のメリットとしてまず挙げられるのが術後、ほとんどダウンタイムを気にする必要が無いという点です。ダウンタイムとは美容整形を受け起こる、腫れや痛みといった症状が回復するまでにかかる期間のことを言います。仕事をしている人の場合、ダウンタイムがあまりにも長すぎる美容整形だと、腫れや痛みがある状態で出社を余儀なくされてしまい、身体的にも精神的にも大きな負担となります。ボトックス注射の場合、術後に腫れや痛みといった症状が続く期間がほとんどなく、すぐ日常生活に戻れるというのが魅力です。

ボトックス注射は顔にできたシワを軽減したり、顔を小さくする、目を大きく見せるなど様々な効果を発揮するプチ整形です。シワの場合、このプチ整形が適応となるのは額や眉間・目尻にできやすい、いわゆる表情じわで1回の施術でも大きく若返り効果が期待できます。額・眉間・目尻のシワは顔の筋肉を動かしたことで、皮膚が折りたたまれ「クセ」がついてしまうことで起こります。ボトックス注射で使用する薬剤は神経伝達物質に作用し、筋肉の動きを軽減する効果があるため、表情筋の動きによってできる表情じわの改善に繋がるのです。また黒目の真下や目尻にボトックス注射を行うことによって、可愛らしい表情になる「垂れ目」にすることも可能です。この部位に薬剤を注入すると筋肉の動きが緩むため、少し下まぶたが下がり結果、目が大きく見える・垂れ目に見えるようになります。目は少しでも変化が起こると印象ががらりと変わるパーツということもあり、垂れ目に憧れている人におすすめです。美容整形で顔を小さくするという場合、骨を削るといった大掛かりな手術を行うケースもありますが、場合によってはボトックス注射で小顔にもなれます。エラ部分にある咬筋という筋肉が大きく発達しているケースだと、このプチ整形を行うことでエラが小さくなりシャープな輪郭を手に入れられます。